アーティスト・下田昌克

1967年兵庫県生まれ。書籍のイラストなどを手がけ、2014年よりプライベートワークでハンドメイドの恐竜の被り物を作り始める。その作品のユニークさから、詩人の谷川俊太郎、写真家の藤代冥砂とともに一連の恐竜作品を発表。主な著書に『恐竜がいた』(スイッチ・パブリッシング)、『恐竜人間』(パルコ出版)、『PRIVATE WORLD』(山と渓谷社)など。

「新品じゃない傷とか、再生って、かっこいいと思うんです」アーティスト 下田昌克

画家・イラストレーターとしての活動を軸に、近年では恐竜の骨をキャンバス地で製作したアートピースも話題の下田昌克...
続きを読む

tobirae